CT診断・3D-安全なインプラント治療のために:高知 歯科 高知の安心でやさしい「嶋本歯科」

CT診断・3D-安全なインプラント治療のために

H22年 最新CTレントゲン装置導入!

当院では、被ばく線量の少ない歯科用3D装置を導入し、3次元画像を用いてインプラント治療を行っております。

インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。

CT検査を行うことによって顎の骨の断面画像を撮影し、その画像を見ながら治療の計画を立てます。より安全で、無理のない治療を受けることが出来る最新の方法です。

CTとは、コンピューター断層撮影(computed tomography)の略で、X線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断層画像)で見ることが出来るようにする装置です。

歯医者ではよくX線撮影をしますが、これは一方向にX線を透過させただけの簡単なもので、見たい位置の画像を撮影しなければなりません。

X線撮影をした画像は、歯の様子を見たり虫歯の様子を見たり虫歯の様子を治療するためにはとても役に立ちますが、インプラントの治療においては、顎の骨の厚さや形を調べることが重要です。

CTで撮影した画像からは、顎の骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることができます。

line1.gif

最新医療機器【トロフィー・パン・プラス】
ct01.jpg
治療に必要以上のX線照射をせず、治療上での身体への負担を軽減しています。

バルス照射で照射量の軽減(3D撮影)
ct02.jpg

スライス幅0.076mmを実現(3D撮影)
ct03.jpg


line1.gif

img119.jpg歯科用3D装置

当医院ではレントゲン撮影時、フィルム現像液などを使わずパソコンを利用した、環境に優しい最新のデジタルエックス線システムを導入しております。

3D画像では、高度歯科治療(インプラントや歯周病など)の診断に有効であり、従来の平面画像では難しいとされた骨幅の確認などが行えます。
エックス線の照射時間と撮影領域を必要最小限まで抑えたレントゲンで3D撮影を行っております。

インプラント治療前診断
img192.jpg

インプラント治療後診断
img195.jpg