再生治療-インプラントの治りをよくするCGF:高知 歯科 高知の安心でやさしい「嶋本歯科」

再生治療-インプラントの治りをよくするCGF

次世代フィブリンゲル
添加剤を加えない完全自己血液由来のゲル素材
img197.jpg line1.gif

採取した血液を、ある一定の速度で遠心分離することにより、血小板とフィブリンを多く含んだゲル状の層が形成されます。
このゲルはConcentrated Growth Factors(CGF)と呼ばれ、Platelet Rich Plasma(PRP)にかわる、新しい自己血液由来のゲル素材として再生医療分野での応用が期待されます。

外部からの血液凝固剤を加えて人工的に凝固させるPRPとは異なり、血液中の凝固因子を刺激することで自然にフィブリンが形成されます。
このため、サイトカインを多く含み、また長時間ゲル状態を維持することができます。
※フィブリンとは血液の凝固に関わるタンパク質です。止血の中心的な役割を担っています。
※サイトカインとは各種の細胞が産生する生体調節に関与する細胞間相互作用を担う分泌タンパク質の総称。

患者様ご自身から採取する血液で最高の再生能力を発揮することができます。

このCGFとは傷の治りを促進させる血小板を濃縮させた膜で、インプラント治療など骨を増やす手術をする際大きな効果を発揮します。

インプラントなどの手術前に患者様から採取した血液を専用の遠心分離機にかけCGFを作ります。
これによりインプラントの手術のより早い治療と組織再生効果を期待しています。